調剤薬局推薦の整調に関する情報サイト

整腸剤で治療する病気

体力の源は栄養バランスのとれた食事ですが、胃腸の具合がわるいと、せっかく摂った栄養もエネルギーや体力づくりに役立ちません。このような「なんとなくおなかの調子がわるい」という時に使う薬が整腸剤です。薬の分類でいうと消化器官系の薬です。OTCの領域でも使用頻度が高く、特に「日本人は胃腸が弱い」といわれています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

食べ過ぎや、冷えなどで腸の動きが低下すると、腸内で異常発酵が起こり、おなかがゴロゴロ鳴ったり、オナラが出たりします。整腸薬は文字通り腸を整える薬で消化器官の中で腸(主に小腸)の機能を活発にして、消化を促進する働きをします。つまり、腸内の環境改善をします。赤痢菌やコレラ菌など悪質な病原微生物を直接叩く抗生物質のような作用はありません。また、便秘や下痢のようなひどい症状の改善には、各々に効果をもつ成分の薬がありますから、それを選択します。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

整腸薬の成分は第一に、生菌類があげられます。乳酸菌類は腸内で乳酸を産生させて、大腸菌や病原菌の増殖を抑える役割をします。ビフィズス菌やラクトミンなどが代表的なものですが、効果や作用はほぼ同じになります。次によく配合されているのは生薬類です。作用として止瀉作用(便の動きを止める)と瀉下作用(便通をよくする)とまったく逆の効果を目的に配合されていますから、注意が必要です。

 

薬剤師国家試験