調剤薬局推薦の整調に関する情報サイト

抗生物質と整腸剤

抗生物質は、免疫力の低下がもとで発生する感染症の予防目的で、処方されるのが通常です。

 

抗生物質とは、「微生物が生産する物質のうち、他の微生物の発育を阻害する化学物質」と定義されており、それらに化学変換・修飾をほどこしたものも定義に含まれています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

抗生物質がもっとも威力を発揮するのは、感染症に対してです。昔は現在ほど医学が発達しておらず、赤痢・結核・コレラなどに代表される感染症は脅威とされてきました。特に結核は日本においても非常に猛威をふい、20世紀前半では死因のかなりの割合を占めていました。しかし1950年頃に、結核の特効薬と呼ばれる抗生物質ストレプトマイシンが開発されたことにより結核による死亡率は激減します。これにより、今まで不治の病とされていた結核はそれほど怖い病気ではなくなりました。抗生物質が人類に多大に貢献した一例です。その後もテトラサイクリンなどに代表される優れた抗生物質が発見・開発され、今日では感染症で死亡する人はかなり少なくなっています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

比較的よく知られている抗生物質には ペニシリン(青カビの一種から単離された抗生物質。強い抗生作用をもち、現在の抗生物質の主流をなしている) ストレプトマイシン(放線菌の一種。たんぱく質の合成を阻害することによって、抗生作用を示す。) などがあります。

 

薬剤師 転職