調剤薬局推薦の整調に関する情報サイト

整腸剤の副作用

整腸剤とは主に、便通を整える薬ですが、整腸剤の使用により下痢がひどくなる例があります。特に抗生剤と整腸剤の併用で、多くみられるようです。乳酸菌製剤の整腸薬、具体的には、ラック−B、ビオ スリー、エンテロノン−R、タンナルビンなどですが、これらの薬は牛乳アレルギーでは使用禁忌なので、牛乳アレルギーのある方は、薬のなかにこのような整腸剤がはいっていないかチェックするべきです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

そして、整腸剤は、透析療法を受けている人は服用はさけるべきです。また、授乳中の人は服用しないか、服用する場合は授乳をさけることといわれています。また、胃腸鎮痛鎮痙薬との併用は避けなければいけません。どの医薬品にもいえることですが、長期連用もしてはいけません。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

医師の治療を受けている人、高齢、本人または家族がアレルギー体質の人、薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人、排尿困難の症状がある人、緑内障、心臓病、甲状腺機能障害、ぜんそく、胃・十二指腸潰瘍、てんかん、腎臓病の診断を受けた人、牛乳によるアレルギーを起こしたことがある人は、服用前に医師又は薬剤師に相談するべきでしょう。そして、服用後、2週間位服用しても症状がよくならない場合や、皮膚に発疹や発赤、かゆみなど、口の渇き、便秘、下痢といった症状があらわれた場合にも、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談することが重要です。

 

調剤薬局