調剤薬局推薦の感染症について

感染症について

抗生物質がもっとも威力を発揮するのは、感染症に対してです。





昔は現在ほど医学が発達しておらず、赤痢・結核・コレラなどに代表される感染症は脅威とされてきました。



薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



特に結核は日本においても非常に猛威をふい、20世紀前半では死因のかなりの割合を占めていました。




しかし1950年頃に、結核の特効薬と呼ばれる抗生物質ストレプトマイシンが開発されたことにより結核による死亡率は激減します。これにより、今まで不治の病とされていた結核はそれほど怖い病気ではなくなりました。

薬剤師国家試験